食コンディショニングトレーナー®

コンセプト

受講資格は、健康増進施設のトレーナーであること

健康づくりの場やトレーニングジムなどで、
十分な経験・資質を認められたトレーナーであることが受講資格の第一です。

一人ひとりがもつポテンシャルにフォーカスし最高レベルで発揮できる状態へ
食コンディショニングとは?
体調(コンディション)を高めるためには、現在の身体の状態から食事の改善点を把握し、
それらを身体の状態をみながら修正し、効果を確認していく必要があります。
このように体調や目的に合わせて食事を調整し、ベストコンディションに近づけることを、
食コンディショニングと呼びます。
食コンディショニングトレーナー®とは?
全てのお客様に対して、それぞれの体調(コンディション)や目的に合わせて
ベストコンディションに近づく効果的な食アプローチを行える。
同じく自らの食事もコントロールして、ベストコンディションを保つ努力ができる。
これらを実践・表現している人です。
  • 食事コントロールのステップ(優先順位)を理解している
  • コンディションや目的から、食生活の改善点を導くことができる(人間栄養の概念が確立している)
  • ライフスタイル(主婦、交替勤務、朝型など)に対応した、朝、昼、夕の食アプローチができる
  • ライフステージ毎のからだや健康課題、食環境などに対応した食アプローチができる
  • 体調(疲れやすい、便秘、肌あれ、冷え、ストレスなど)に応じた食アプローチができる
  • 目的(ダイエット、筋力アップなど)に応じた食アプローチができる
  • 運動種目(持久型、筋力型など)に応じた食アプローチができる
  • 効果的な行動目標を設定し、効果の実感できる支援ができる